Juuuust chillin' out!! Abruzzo(アブルッツォ)

アブルッツォで人間プレセーペ!~その2

※『アブルッツォで人間プレセーペ!~その1』からの続きです。

そしてようやく人間プレセーペが始まる時間に!

2016122812.jpg
↑マリアを演じる村人

昨日も書きましたが、これはキリストの一生を村の人々が演じてくれます。

2016122813.jpg
↑受胎告知

村人の中に髪の色が明るい人がいなかったのか、女性が演じてました(爆)。
彼女、多分東欧の人っぽい。

2016122814.jpg
↑聖母マリアとマリアの母、アンナ

とにかく村をあげてのということで、

2016122815.jpg
↑ちょくちょく合唱隊が入る

恐らく村人全員参加による舞台なのでしょう。

2016122816.jpg
↑↓受胎告知を知った王がイエス探しに兵を送るシーン
2016122817.jpg

イタリアなので、全体的にガヤガヤとにぎやかな上に、マイクの調子も時々悪くなる。
新約聖書はマンガで読んでいたので(笑)、だいたいのストーリーはわかる。

が、そのことを知らない相方はいちいち説明してくれようとするので

G:知ってます!!
相:何でや?!!!
G:マンガで読んだの!!
相:いつ?!
  どのマンガ?!!
G:うるさい!!

なんでイタリア人はおしゃべりなのか?!!

2016122818.jpg
↑確かこちらも歌が入ったはず

2016122819.jpg
↑↓イエスが生まれて、三人の賢者が訪れるシーン
2016122820.jpg

2016122821.jpg

2016122822.jpg

そして押し合いへし合いなのもイタリア。
この後、みんながパレード的に主舞台に進んで行くのですが、撮った写真は押されて全部ぶれていたので、割愛(涙)。

さらに、小さな村での舞台!
このパレードでは、村人のご親族たち(多分この村に住んでいなのか?!)が・・・

人:おじいちゃんよ、おじいちゃん!!
  おじ~~~~~ちゃ~~~~ん!!

とか、

人:〇〇~~~~!!!

と、呼びかけタイムでもあった(爆)。

何ともお手製感満載の人間プレセーペ。
色んな意味で楽しめました。

そして最後はなぜか・・・

2016122823.jpg
↑プレセーペとは全く関係のない、歌のステージ

やたら歌がうまかったけど、何の関係があったのか???

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

アブルッツォで人間プレセーペ!~その1

ご無沙汰の更新&まだまだ去年のクリスマスのお話

アブルッツォでクリスマスを迎えるのは超~~~久々!
毎年この時期は日本でまったりしていたのですが、去年は諸々あってペスカーラで。

以前から、アブルッツォ(だけじゃないけど)では、人間プレセーペがあると聞いていた。
行きたい、行きたいと言っていたけれど、毎回重い腰の相方。

そんな重い腰の相方が去年は腰をあげてくれました

向かった先は以前にも行ったことのある、Abbazia di Santa Maria Arabona(サンタ・マリア・アラボーナ修道院)!

2016122801.jpg

2016122802.jpg

こちらの修道院に行ったのはいいものの、アブルッツォらしく 、人間プレセーペはどこでやっているのかサインなし・・・

と言うことで一旦修道院の中に入ってみました。

2016122803.jpg
↑↓普通のプレセーペはあるんだけど・・・
2016122804_20170406232815392.jpg

しかしそれらしき気配は修道院の中ではない感じ。
きっと人間プレセーペだから外だろう、一旦外に。

2016122805_20170406232817022.jpg
↑ちとわからなかったサインを発見!

2016122806_20170406232818491.jpg

どうやら中庭での開催の様子。

ショー的にある一定の時間に開催されるため、次の上演(?)時間まで外で待つ。

2016122807_20170406232820a14.jpg
↑参加者と思われる昔の衣装を着た村人たち

2016122808_20170406232821fd1.jpg
↑どっかから駆り出されてきた羊は眠そう・・・

2016122809_20170418235329f7a.jpg
↑舞台の1つとなる中庭の噴水

2016122810.jpg
↑↓村全体をあげてのショーみたい
2016122811.jpg

毎年やっているのか、皆さんいたについたご様子。

さて、キリストの一生のお話の舞台が始まります!!

続く・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

すごいパネットーネを発見!!

以前、イタリアのクリスマスのお菓子について書きましたが(こちら)、代表格の1つである、“Panettone(パネットーネ)”!

スタンダードなものの形状はこちらでご覧ください。

既製品のものもあれば、ホームメイドのものもあります。

ペスカーラの地元民の間ではそこそこ有名なお菓子屋さん、"Pasticceria Adriatica"。

もちろんそのお店ではそのお店で作ったパネットーネが売られているのですが・・・

201612241.jpg
↑すごいデコられたパネットーネを発見!!

こちらは結構なお値段だったし、かなりの重量級。

なので、1サイズ小さい・・・

201612252.jpg
↑こちらを購入!

ナターレのディナーに叔父さん宅にご招待いただいていたので、持っていきました。

ちなみにさすがカトリックの国!

パネットーネ内に入っている聖母マリア、イエス・キリスト、ナザレのヨセフなどの人形はマジパンではなくプラスチック製で食べれません。

日本人だと、

日:これ、誰食べる~~~~?!!

になるのでしょうが、

伊:聖家族を食べるなんて、なんてことを!!

らしいです。

日本だと、クリスマス・ケーキには砂糖菓子のサンタさんがのっかってる&誰かが食べるのが定番なだけに、ちょっと意外でしたけど。。。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

ペスカーラでのクリスマス諸々話

もうパスクア(復活祭)も終わってしまいましたが、まだまだナターレ(クリスマス)前のお話

ペスカーラでの久々のナターレ

通常この時期は日本で休暇中・・・

コモ(こちら)ほどではありませんが、ペスカーラの町もナターレ・ムード満載!

この時期イタリアではどんな町でも通りにナターレのイルミが見られますよ。

2016122401.jpg
↑海の町らしく、ヨット型のイルミ

これは初めて見たかも。

2016122804.jpg
↑↓これはありがちなイルミ
2016122808.jpg 2016122809.jpg

しかし通りの奥の奥までイルミ!!

ペスカーラのメインの広場では・・・

2016122805.jpg
↑サンタとトナカイのイルミ

そして!!

2016122806.jpg
↑クリスマス・ツリーのイルミも

2016122807.jpg
↑スケート・リンクまであった

こちらも初めて見たかもです。

やっぱたまにはペスカーラでナターレを迎えないとです

ちなみにナターレ・ムード満載なのは町や通りだけではなく・・・

2016122402.jpg
↑↓ショッピング・モールも!
2016122403.jpg

こういうのを見ると、やっぱナターレはイタリアだな・・・と思ってしまう現金な私です(笑)。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~再び海編

※『Il Barbaro @ Confinio』からの続きです。

ペスカーラに戻ってきた翌日はやっぱ、海

2016080401.jpg

実は今年初めころにペスカーラの海が汚染されているとニュースが流れたので、人は少な目。

どうもその後、検査したところ雨が降ると川近くは微妙だけど、我々のいつも陣取ってる地帯はまぁまぁ大丈夫じゃないのってことらしい。

むしろ、人が少ない分、水はいつもよりもキレイな感じで、クラゲもちらほらと出てたし、小魚なんかもいたんだけど。

2016080402.jpg

結局この日はま~~~~~ったりと、最後の海(この時点ではまだまだ泳ぐぞ!だったんだけど、その後予定やら天候に左右されてこれが最後の海となった)を思う存分楽しんだ。

その後、ティチーノ友のKさんご夫妻(旦那さまがペスカーラ人で同じく帰省中)と一緒にビーチ・ハウスでアペリティーヴォ。

知り合った当初から、「ペスカーラに帰省した時は会いましょうね!」と言いながら、この時まであえてなかったのです。

何年越しかの約束も達成し、ほんと素敵な1日!!

2016080403.jpg
↑↓夕暮れも楽しんだ
2016080404.jpg

こういうのを見ると、やっぱ海辺の町に(イタリアの!)住みたいな~~~って思う。

やっぱ海って最高~~~

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)