2016年Abruzzoへの旅~再び海編

※『Il Barbaro @ Confinio』からの続きです。

ペスカーラに戻ってきた翌日はやっぱ、海

2016080401.jpg

実は今年初めころにペスカーラの海が汚染されているとニュースが流れたので、人は少な目。

どうもその後、検査したところ雨が降ると川近くは微妙だけど、我々のいつも陣取ってる地帯はまぁまぁ大丈夫じゃないのってことらしい。

むしろ、人が少ない分、水はいつもよりもキレイな感じで、クラゲもちらほらと出てたし、小魚なんかもいたんだけど。

2016080402.jpg

結局この日はま~~~~~ったりと、最後の海(この時点ではまだまだ泳ぐぞ!だったんだけど、その後予定やら天候に左右されてこれが最後の海となった)を思う存分楽しんだ。

その後、ティチーノ友のKさんご夫妻(旦那さまがペスカーラ人で同じく帰省中)と一緒にビーチ・ハウスでアペリティーヴォ。

知り合った当初から、「ペスカーラに帰省した時は会いましょうね!」と言いながら、この時まであえてなかったのです。

何年越しかの約束も達成し、ほんと素敵な1日!!

2016080403.jpg
↑↓夕暮れも楽しんだ
2016080404.jpg

こういうのを見ると、やっぱ海辺の町に(イタリアの!)住みたいな~~~って思う。

やっぱ海って最高~~~

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~ついにL'Aquila編

※『2016年Abruzzoへの旅~Pesina覗き見編』からの続きです。

そしてついに念願のアブルッツォ州の州都L'Aquila(ラクイラ)へ。

まずは・・・

2016080317.jpg
Basilica di Santa Maria di Collemaggio(サンタ・マリア・ディ・コッレマッジョ教会)へ

残念ながら修復中で中には入れず

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、アブルッツォ州の州都ラクイラは、2009年に地震に見舞われました(こちら)。

それから7年。。。

修復はあまり進んでないとは聞いていたけれど・・・

でも、工事音がしてたので、手が入ってるだけ良かったと思わないと。。。

その後はお楽しみの、

2016080318.jpg
Fontana delle 99 cannelle(99の水管をもつ噴水)!!

ちなみに先の教会からは場所が少し離れてます。

噴水は駅から徒歩圏内。

我らも駅前に駐車してそこから徒歩で向かいましたよ。

2016080319.jpg
↑さ~ぁて入るぞ!!

で、いきなり一歩進んだ時点でつるっと滑った私

それと助けようと一歩踏み出た相方も同じ場所でつるっ!!

って、学習しようよ・・・

このパターン結構多くって、前もどっかで私を助けようと思ったんだろうけど、同じスポットで滑ってド~~~ンと突き飛ばされたことがある・・・・

もとい・・・

2016080320.jpg
FAIがここにも!!

FAIについてはこちらを。

2016080321.jpg

2016080322.jpg
↑↓それぞれお顔が違う!!
2016080323.jpg

2016080324.jpg
↑ちょっと強面もあり

2016080325.jpg
↑横の水管から出てる水を触った

すっごく冷たくってびっくり!!

この日は結構暑かったんだけど。。。

楽しみにしていた水管を見たので、旧市街へ向かう。

が・・・

2016080326.jpg
↑いまだ入れず・・・

なんだかんだ言いながらもアブルッツォをこよなく愛してる相方の顔をすごく曇ってしまった。

無理やり連れて来てって言ったことをかなり後悔した瞬間だったけど、現状を自分たちの目でみておくことも大切なんじゃないかとも思った。

2016080327.jpg
↑駅もひっそり・・・

いつか修復が終了し、また人の往来が復活しますように。。。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~Pesina覗き見編

※『Il Vecchio Mulino @ Opi』からの続きです。

お腹を満たしたので、今度こそいざ、ラクイラへ!!

と、道中・・・

2016080314.jpg
↑お城?!塔???

城や塔が好きな私は思わず、

G:ちょっと、どっか車止めらへんの、車!!

ここはラクイラ県にある、Pesina(ペシーナ)という小さな町。

そうそう!!

何度か触れていますが、いまだ我々がいるのはアブルッツォの国立公園内!

なので、この辺りの道路には、シカや、クマ注意の標識がいっぱい。

そしてここにも・・・・

2016080315.jpg
↑この先2キロはシカ注意の標識

大抵その2キロ先にはまたこの先2キロシカ注意の標識が延々と続く(笑)。

「え~~~~、そんなん出るか~~~?!!」とお思いでしょうが、やっぱ国立公園内!

出ます!!

特に夜は要注意!!

ちなみに相方もこの前々日に一人で夜、ペスカッセーロリのマンマの元から帰る途中に道路のど真ん中にかなり大き目のシカがドド~~~ンと道をふさいでいて、ちょっと、いやかなりびっくりしたそうです。

もとい・・・

私が気になっていた建物は、

2016080316.jpg
Torre Piccolomini(ピッコロミニの塔)だったみたい

元々は城塞の一部だったようです。

が、1915年に起きたマルシカ地震(伊語はこちら)でお城は崩壊したみたい。

ほんとラクイラ県って昔から震災に見舞われてたんだなぁ・・・

山々の中に今も力強くそびえてる塔にアブルッツォの力強さを感じました。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~お別れ編

※『2016年Abruzzoへの旅~マンマと夕食編』からの続きです。

翌日はcA_riNoさんのダーリンの調子も回復!

そして出発の日です。

この後cA_riNoさんたちは姫がまだ小さいのでスイスまで一気に戻るのは大変ってことでラヴェンナにいらっしゃるとのこと。

スイスで一番仲良くしていただいていたcA_riNoさん。
そして家族ぐるみで仲良くしていただいてcA_riNoさん。

スイスは小さな国だけど、山やら何やらで意外と遠くなってしまい、結局アブルッツォで会うということに(笑)。

そんなアブルッツォでの再会もこの日が最後。
何とも心惜しい気持ちでいっぱい。

チェックアウトの後、cA_riNoさんご家族とお別れ。

しんみりした気持ちで車を走らせていました。

わが家は私がまだ見たことのないアブルッツォの州都ラクイラへ行こうということになっていた。

途中・・・

2016080301.jpg
↑アブルッツォの山々が素敵な景色の写真を撮ってると。。。

相:あ~~~~~~っ!!!
G:どうしたん?!!

2016080302.jpg
↑相:ホテルの鍵持ってきてもた!!

で、またまたホテルへ逆戻り

なんだかしんみり感もふっとんじゃいましたよ、ほんと。。。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2016年Abruzzoへの旅~マンマと夕食編

※『2016年Abruzzoへの旅~Pescasseroli観光編』からの続きです。

夕食はマンマが宿泊しているホテルで取ることにしましたよ。

去年も書きましたが(こちら)、その日の食事リストからプリモ、セコンド、ドルチェのチョイスを事前にする必要があります。

ホテルの好意で(本当は昼ごろまでには言っておかないといけない)、直前だけど、できそうなものでやってくれるとのこと。

2016080217.jpg
↑私のプリモ

上の黒いのはトリュフです。
先にも書きましたが、アブルッツォの山の手の方はトリュフがとれて、トリュフが有名だったりします。

ちなみにイタリアの高級食材でアブルッツォで有名なのはトリュフ以外にもサフランもあったりしますよ。

そして写真には撮ってませんが、cA_riNoさんは姫が好きなトマトソースのパスタに。

やはり飛びつきます、姫!!

姫の豪快な食べっぷりにマンマも、

マ:すごくトマトソースのパスタが好きなのね。
  小さいのによく食べて偉いわ!!

と、大絶賛!!!

多分姫はcA_riNoさんのパスタの半分ぐらい食べた模様。

なので、食べかけて申し訳ないが私のパスタをcA_riNoさんに少し分け分け。

2016080218.jpg
↑私のセコンドはポルペッタ(イタリア風ミートボール)

相:なんでそんなヘビーなチョイスなん?!

って、ほっといてくれ!!

基本的にパスタ好きな姫はもうこの時点でごちそう様。

cA_riNoさんはお魚をオーダーしてたんだけど、もうお魚はいりませ~~~~んモードの姫。

2016080219.jpg
↑マイペースな相方のセコンド

この旅行中に姫が気に入った歌の1つ、『おべんとうばこのうた』でごまかす(笑)。

相:覚えそうやわ、この歌。

と言うぐらいに歌いました(爆)。

ちなみにスイスに戻られてから、

c:家でもおにぎり握ってるよ~~~!

と、ラインいただきました(笑)。

ちなみにこの歌は甥×3の心もわしづかみにした歌。
何がそんなに子供心に響くのか?!!

cA_riNoさんのデザートはフルーツだったけど・・・

2016080220.jpg
↑私はアイス

今日は特別(あんまり夜のアイスはよくない)、姫にも少しおすそわけ~~~!!

最後まできさんじ(きっと大阪弁かな?!明朗活発でさっぱりと外交的って感じかなぁ。だいたい子供に使うことが多い気が。育てやすいいい感じの子供に対して使う。)で、ここでもじじばばの心をわしづかみにした姫でした。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報